October 05, 2006

スタイル4thやります!

うわ~ いま、隠岐島にわたるところです! これから、中学生に授業してきまーす♪ ...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2006

Roots Of Empathy

Roots Of Empathy を知人に紹介したメールを
転送します。

カナダのメリーゴードンという女性が始めた、
赤ちゃんから学ぶ教育プログラム。

良質のプログラムは、社会からの支援をうけ、あっというまに
カナダから世界に広がっています。

思うのは、
ほんとうに日本にこのくらいのプログラムはないんだろうか?
実は、意外とあるんだけど、ないのはLeverageしていく仕組みだけなんじゃないか?

良質のプログラムがあっても、その展開に対して投資する動きがない。だから、小さな火種がより大きく成長する機会を逸して、しぼんでいくのでは?

そういうお金を動かす、仕組みがない。
政府でも財団でも、金持ちでも、地域の有志でもいい。そういうものがないから、成長できないのでは?

NPOのキャパシティビルディング(経営能力)を問うのはもっともです。今のNPOに投資しても使い切るだけ?
たまひよですが、何もかも、起業家の努力の問題にしてはいけないような気がしています。

ともあれ、
教育もの、興味あるひとはどうぞ!

   いの

» Continue reading

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 25, 2005

聞こえますか?

「いい加減にしてほしいですよね!」
って、タクシーのおっちゃんがつぶやく。 

今日も地下鉄の工事ですよ。

また、つくるらしいんです。

誰が困ってるか、しってますか?
これで、都営バスとかが廃線になったりするらしいんです。

お客さんでね、お年よりの方、困ってるらしいんです。
よくきくんですよ。地下鉄は、階段がきついって。

今の地下鉄って、深いでしょ?

あれが、とってもきついんだって。登りはまだいい。エスカレーターとかあるし。階段おりるのが、ほんとうにきついんだって。

お年寄りには、バスのほうがずっと楽なんだそうですよ。
彼らには時間はあるから。時間かかってもいいから、楽なほうがずっとずっと助かる。

あんなややこしい地下鉄よりも、ずっとずっと助かる。急がなくて、いい。

いったい、誰のために、なんのために、こんな渋滞ばかりつくって、
あんなもの作るんでしょうね。

        ***

» Continue reading

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 15, 2005

おひさ~☆

ほんのちょっとずつ、ふっかつ中、、、☆ 9月に帰国して、超Swamped してい...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2005

帰国報告会☆

突然でごめんなさい!!

ばたばたと、9月11日に帰国しました。
こんなぎりぎりのUpですが、報告会を、今日します(笑)

まあ、これからも何度かするとおもいますが・・・♪

SVPの東京版、東京ソーシャルベンチャーズの毎月のMtgで、下記のお話しまーす!
場所は、東京恵比寿です!

ご興味ある方、、info@svptokyo.net までお知らせください!
急なので、できれば、電話番号もつけてね!

   ●〇●〇

» Continue reading

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 24, 2005

スタンフォードより

おほほ、いま、シリコンバレーを通る電車の中!
CalTrain という電車ね!

なぜか、PCが使えるようになっています。電源まであるよー

スタンフォードのビジネススクールにいって、いろいろわるだくみをしてきましたー♪

いやー、おもろいよ〜☆ ここはすごいわ、、、

Social Innovation に関する知が結集し始めている。Skoll FoundationのJeff Skoll(eBay創業者)がBスクール卒業生でかなり貢献しているし。

ビジネススクール内の、「Center for Social Innovation」が中心となっています。

ここのExecutive Director が以前、Juma Ventures にいたクリス・ダイグルマイヤーなんですね。(以前、彼女は日本に来ましたね!ジュマ解説は、これ→REDFの投資先でもあります。)

彼女は去年の3月からここにいます。

もとスタンフォードMBAで、ソーシャルベンチャーのはしり、Jumaでしばらく働いて(確かCOO)、旦那さんの都合で、フロリダに引っ越し、NPO事業向けコンサルやっていました。

Jumaは、不良少年たちの更正?(てゆーのかな?)NPOから、事業型に脱皮してイノベーションをおこしたNPO。有名なのは、Ben&Jerry's とパートナーシップくんで、少年たちにビジネスを体験してもらうプログラムを作ったこと。
今の社会起業ブームの走りです。

そのほか、これまで蓄積した事業ノウハウを生かして、Juma Incubation Centerをもっていて、後続の社会起業の支援もしています。

やっぱりパロアルトはいいですね!

あと授業向けに、スタンフォードのケーススタデイ、使わせてもらえそう♪

明日の昼、東京に向けて、一時帰国です。
1週間の慌ただしい滞在ですが、とても楽しみ。

ps)これに出ます。↓

  ***

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2005

ひとりの小さな手

「ノンプロフィットは、借り物競走だ」ってよく言う。
相手にしている社会問題はあまりにも大きく、根が深い。
だから、全てを「自分が自分が、、」とやるのではなく、協力しあう。

アメリカのノンプロフィットを訪問するとき、だから、ぼくはパートナーシップについての質問をする。イノベーティブな団体だと、必ず素晴らしい答えが返ってくる。

借り物競争は、実は最強の戦略。
オープンリソース、分散型の組織論にもつながる。機敏で変化に強く、人間的だ。ローマ帝国以来の、人類の知恵だぜっ!

20世紀の競争社会は、強いこと、弱みがないことが「強い」ことだと信じていた。だから、転ぶのを嫌う。強がるが、同時にひどく臆病だ。

あたまがいい程度で、自分が「強い」とおもったり、
体が大きいだけで、優位に感じたり。。。 愚かなり!!どどーん!!

ぼくも、弱さの強さをすごく感じながら育った。

じつは、ぼくはJリーガーになることも、イチローより早くに大リーガーになることも、子供のときに断念しました(笑)

   ***

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2005

スパゲッティの中のぼくら

Allisonという、オフィスのTech Person のねーさんに、ちょっとネ...

» Continue reading

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 31, 2005

チョークの笑顔

子供の頃、チョークで道端に絵を描いたこと、あるよね? 色とりどりのチョークを使っ...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2005

宇宙バスのなぞ

ないとーさんから、 ひごさん@宇宙のお仕事の電話番号をきかれた。 ちょっと急ぎだ...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2005

光と水のSunshine

昨晩、NYから戻りました。 ああ~!すごい時間だった!!! さて、Liquid ...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

感覚が研がれる痛み

例の窃盗のこと。
高校時代から知っている友人から、
「やっと読んだよ、強くなったんだね」ってメールがきた。

とてもいいメールで、言葉がとても伝わってきた。
彼女は、同じ歳で、いま、会社を辞め、全く畑違いの分野で大学院に通い、とてもがんばっている。とてもつらそうでもあるけれど、そういう人の言葉って、メールひとつ、すごい変化にいつも驚く。

こんなお返事を書きましたとさ。

   ***

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2005

景色が変わるっ!

同じタイムズスクエアも、景色が変わる・・・!! NYのチャリンコタクシー(名前な...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2005

再び、キッチンへ・・・!

ぼくは、セントラルキッチンに取り憑かれてしまった。

「うーん!」 ヽ(^◇^*)/

早朝、やっぱり、手元のNY行きのチケットは捨ててしまうことにした。

とにかく、現場のセントラルキッチンに行こう。
実際の感覚を、肌で確かめてみよう~ 今いくべっ!

午後のNY行きの便を別に押さえ、トランクを持ってタクシーを捕まえる。DCセントラルキッチンの住所を告げる。車は、通りごとに、どんどんシャビーなDCのもうひとつの顔を映した、あやしいエリアを通り過ぎる。

       ◇・◆・◇・◆・◇

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«DC セントラル・キッチン